LS電線、インドネシアに電力ケーブル合弁

韓国のLS電線は18日、インドネシアの複合企業アルタ・グラハ・グループ(AGグループ)と合弁会社を設立し、インドネシアの首都ジャカルタ近隣に電力ケーブル工場を建設すると発表した。

LS電線とAGグループの投資額は計4,000万米ドル(約44億2,200万円)。工場の敷地面積は6万4,000平方メートルで、2019年末の完工を目指す。

新工場では、インフラ用の加工電線やプラントなどに用いられる中低圧電力ケーブルを生産する。25年までに約1億米ドルの売り上げを見込む。

LS電線によると、インドネシアは電力インフラの構築が活発で、電力ケーブル市場の規模はASEAN(東南アジア諸国連合)の中でも最大。年平均で8%成長を続ける有望市場だという。

LS電線は現地生産を通じた、海外市場での競争力の確保に力を入れている。インドネシアへの進出により、すでに現地法人があるベトナムやミャンマー、ベトナムなどの拠点との相乗効果も期待する。

LS電線とAGグループが18日、合弁会社設立の締結式を開催した(LS電線提供)

LS電線とAGグループが18日、合弁会社設立の締結式を開催した(LS電線提供)


関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 製造一般電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

KCC、外壁タイプの太陽光発電で韓国最大(07/20)

「KANEBO」韓国で発売(07/20)

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

外国企業への支援制度を変更 新産業育成と雇用拡大が狙い(07/20)

「GU」、9月14日蚕室に韓国1号店(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

6月訪日韓国人客6.5%増、大阪地震が影響(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

SK証券、新興ファンドに売却へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン