テイクオフ:シンガポール東部のゲイ…

シンガポール東部のゲイラン・セライ周辺では、ラマダン(イスラム教の断食月)の期間、大規模な夜市ラマダンバザールが開かれる。

大混雑が予想されるハリラヤ・プアサ(断食明け大祭)の15日は避けて、その前週末に訪れたが、それでも人は多く、周辺の飲食店はほぼ満席。ただ違和感を感じてよく観察してみると、食事が用意されているテーブルは一つもない。時計を見ると時間は間もなく午後7時。皆、7時を過ぎたら食べることができるイフタール(日没後の食事)を今か今かと待ち構えているのだ。時間になると一斉に食事が始まり、一段と活気が増した。食事が終わったら次は買い物だろうか。

どんな宗教や文化でも、お祭りで食事に買い物、音楽、イベントなどを家族や友人同士で楽しむのは共通。人々の熱気に、日本の夏祭りが少し恋しくなった。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールで迷彩服を…(07/23)

経営共創基盤が進出5周年 常駐協業型支援を現地企業にも(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

楽天の民泊事業会社、アゴダと提携(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

アマゾンの特売セール、コカコーラなど人気(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

エアバスと国防科技庁、3Dプリントで部品製造(07/23)

ケッペルコープ、上半期は38%増益(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン