• 印刷する

テイクオフ:シンガポール東部のゲイ…

シンガポール東部のゲイラン・セライ周辺では、ラマダン(イスラム教の断食月)の期間、大規模な夜市ラマダンバザールが開かれる。

大混雑が予想されるハリラヤ・プアサ(断食明け大祭)の15日は避けて、その前週末に訪れたが、それでも人は多く、周辺の飲食店はほぼ満席。ただ違和感を感じてよく観察してみると、食事が用意されているテーブルは一つもない。時計を見ると時間は間もなく午後7時。皆、7時を過ぎたら食べることができるイフタール(日没後の食事)を今か今かと待ち構えているのだ。時間になると一斉に食事が始まり、一段と活気が増した。食事が終わったら次は買い物だろうか。

どんな宗教や文化でも、お祭りで食事に買い物、音楽、イベントなどを家族や友人同士で楽しむのは共通。人々の熱気に、日本の夏祭りが少し恋しくなった。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

DFNN、シンガポールのCYGと合弁へ(09/21)

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

セムマリン、LNGタグボートを建造へ(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

中心部の共用オフィス、ゼロテンが買収(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

エネルギー庁、中小対象に太陽発電事業入札(09/21)

18日の停電、セムコープなどの供給遮断が原因(09/21)

潤滑油添加剤の米アフトン、新工場棟を開設(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン