低速EVの雷丁汽車、咸陽に年60万台の拠点

「雷丁」ブランドの低速電気自動車(EV)を生産する山東梅拉徳能源動力科技(山東省イ坊市、イ=さんずいに維、雷丁汽車)は、陝西省咸陽市に年産60万台のEV工場を整備する計画だ。総額200億元(約3,450億円)を投じる。ニュースサイトの経済観察網が14日に伝えた。 雷丁汽車…

関連国・地域: 中国-陝西
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス中国鉄道が12月開通、貿易拡大に期待(18:00)

米国債保有残高、10年以降の最少(18:35)

テイクオフ:近頃、上海はめっきり肌…(10/19)

マカオと珠海、隔離なし往来を再開(10/19)

7~9月GDPは4.9%成長 前四半期から鈍化、複数の悪材料(10/19)

9月の主要経済指標が軟調、工業3%増(10/19)

工業設備稼働率、7~9月は77.1%に下落(10/19)

1~9月の鉄鋼輸出量41%増、欧米数倍に(10/19)

9月のエネルギー生産、原炭は0.9%減(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン