• 印刷する

《安全》主要都市で16~17日にデモ発生か=大使館

在ベトナム日本大使館と在ホーチミン日本国総領事館は14日、16~17日にかけて、各地でデモが起きる可能性があると発表した。ハノイやホーチミン市、中南部カインホア省ニャチャン市、中部ダナン市といった主要都市での警戒を呼びかけている。

発表では、「詳細の時間は不明」としている。ハノイではオペラハウスやホアンキエム湖周辺、リータイトー像周辺、ダナン市ではチャンフー通りとバックダン通りでデモが実施される予定という。ホーチミン市では聖母マリア教会(サイゴン大教会)周辺や、グエン・フエ通りの歩行者天国、ホアン・ヴァン・トゥ公園周辺(タンソンニャット国際空港付近)で実施予定。ニャチャン市は大劇場広場やチャン・フー通りでデモが発生する予定という。

デモに遭遇した場合は現場から離れるほか、不要不急の外出は控えるよう呼びかけている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

モバイル通信、ユニテルが最速=米調査(11/22)

松尾製菓、20年に工場稼働へ 日本向けに「チロルチョコ」生産(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

ベトナム海外投資先、カンボジアが4位に(11/22)

航空分野10年で4倍、今後はインフラ投資を(11/22)

ベトナム航空、ハノイ―マカオ線12月就航(11/22)

中越国境で、貨物専用道路が来年1月開通へ(11/22)

ニントゥアン、再生可能エネの送電網が不足(11/22)

太陽光発電投資が下火に、事業効率低下で(11/22)

ビナケム、南部化学品輸出入社の株売却へ(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン