ホンダ、大型二輪ゴールドウイング納車開始

ホンダはインドで「ゴールドウイング」の納車を開始した(同社提供)

ホンダはインドで「ゴールドウイング」の納車を開始した(同社提供)

ホンダのインド子会社、ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は13日、大型バイク「ゴールドウイング」の納車を開始したと発表した。日本で生産した完成車を輸入販売する。

同モデルは、水平対向6気筒の1800ccエンジンを搭載した「大型プレミアムツアラー」で、7速のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)を採用。高剛性のダブルウィッシュボーン式のフロントサスペンションを装備している。二輪車としては初めて、7インチのTFT液晶も備える。首都ニューデリーでの店頭価格は268万5,000ルピー(約438万円)。

今年2月にニューデリー近郊で開かれた自動車見本市「オートエキスポ2018」に出展。消費者の反応は上々で、35台以上の予約があったという。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(18:05)

テイクオフ:お墨付きというものは、…(06/20)

EV普及は20年が加速地点 タタ配電、充電所など電力網強化(06/20)

住商が農薬の販社設立(06/20)

車メーカーの投資、今後2年で5800億ルピー(06/20)

ベンツ、新モデルを全てBS6対応に(06/20)

台湾ゴム材メーカー、印西部に工場設置計画(06/20)

トリンブル、自動操舵トラクターの発売計画(06/20)

米の冷凍食品メーカー、インド工場を計画(06/20)

【アジア労務データ集】消費者物価指数(166)(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン