• 印刷する

豪自動車CO2排出量、欧州を45%上回る

オーストラリアで使用されている自動車の二酸化炭素(CO2)排出量が、2017年に走行1キロメートル当たり平均171.5グラムと、欧州で使用されている自動車の排出量を45%上回ったことがオーストラリア運輸委員会(NTC)の調べで分かった。シドニー・モーニング・ヘラルドなどが伝えた。

また、オーストラリアの自動車は、米国よりも18%多く排出しているという。スポーツタイプ多目的車(SUV)などが全体をつり上げた。

昨年2017年の販売上位15社のうち、GMホールデンの自動車はCO2排気量が同219グラムと最も多かった。一方、アウディは145グラムと最も少なかった。

オーストラリア連邦政府は、2025年までのCO2排出規制導入を検討しており、低CO2排出の自動車購入を促すための高い燃料税などで、小型車など低CO2排出車の購入が後押しされるとみられる。

米国の独立調査団体、国際クリーン交通委員会(ICCT)によれば、米国車のCO2排出量は141グラムだった。


関連国・地域: オーストラリア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアやニュー…(10/22)

豪与党保守連合、過半数割れ 補選敗退で「少数政府」に(10/22)

豪州、純資産額中間値が19万$超で世界一(10/22)

豪畜産業界、ブレグジットの影響を憂慮(10/22)

石油大手2社、3Q生産量と売上ともに好調(10/22)

草賀駐豪大使、「今後も豪石炭輸入は重要」(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

ANZと6行、貿易情報ネットワーク構築へ(10/22)

疑わしい取引の通報急増、CBA違反発覚で(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン