• 印刷する

豪自動車CO2排出量、欧州を45%上回る

オーストラリアで使用されている自動車の二酸化炭素(CO2)排出量が、2017年に走行1キロメートル当たり平均171.5グラムと、欧州で使用されている自動車の排出量を45%上回ったことがオーストラリア運輸委員会(NTC)の調べで分かった。シドニー・モーニング・ヘラルドなどが伝えた。

また、オーストラリアの自動車は、米国よりも18%多く排出しているという。スポーツタイプ多目的車(SUV)などが全体をつり上げた。

昨年2017年の販売上位15社のうち、GMホールデンの自動車はCO2排気量が同219グラムと最も多かった。一方、アウディは145グラムと最も少なかった。

オーストラリア連邦政府は、2025年までのCO2排出規制導入を検討しており、低CO2排出の自動車購入を促すための高い燃料税などで、小型車など低CO2排出車の購入が後押しされるとみられる。

米国の独立調査団体、国際クリーン交通委員会(ICCT)によれば、米国車のCO2排出量は141グラムだった。


関連国・地域: オーストラリア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアやニュー…(01/16)

クレカ口座件数、4年来低水準 代替支払い手段の利用拡大で(01/16)

〔政治スポットライト〕豪州、東京TPP会合で加盟国拡大推進へ(01/16)

自動運転電車、シドニー北西線で4月導入(01/16)

豪海運労組、待遇維持要求で港湾スト(01/16)

リオの鉄鉱石事業、WA港火災で出荷に影響(01/16)

豪内務省、就労ビザ保有者の状況調査へ(01/16)

〔政治スポットライト〕自由党は環境の直視を=エネ公庫前トップ(01/16)

野党労働党の即時減価償却案、産業界が歓迎(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン