• 印刷する

国際貨物便への課税率、政府が引き下げ検討

フィリピンの財務省は11日、国際貨物を輸送する飛行機と船舶に課すコモンキャリア税(CCT)の見直しを進める方針を明らかにした。国際的な競争力を確保するため、税率を引き下げる方向で検討する。

ドミンゲス財務相は、デンマークのブリアン・ミケルセン産業・ビジネス・金融相との会談で、CCTの見直しを求められたことを受け、「前向きに取り組む」と回答した。国際的な広がりを持つ輸送業界でフィリピンの競争力を維持するため、時間を要する立法化を経ず、大統領令などの行政令で見直しが可能かどうかを確認するという。

12日付ビジネスワールドなどによると、CCTの税率は現在3%。歳入規則(RR)2013年第15号に基づき、四半期ごとの輸送額に応じて課せられる仕組み。フィリピン欧州商工会議所(ECCP)も、「これまでCCTは複数の加盟企業とって大きな課題だった」と述べ、政府の取り組みを歓迎している。

デンマークは、海運大手APモラー・マースクの本拠地。ドミンゲス氏によると、ミケルセン氏から「デンマークの海運業界がフィリピンでの事業拡大を計画していることも伝えられた」という。


関連国・地域: フィリピン欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

テイクオフ:3月末にフィリピンの夏…(04/17)

セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード(04/17)

19年度国家予算が成立、大統領は一部拒否(04/17)

20年度予算は9%増の4.1兆ペソ、政府方針(04/17)

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書(04/17)

持続可能性報告、来年から上場企業に義務化(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン