• 印刷する

事業連盟と企業庁、東アフリカに視察団派遣

シンガポール事業連盟(SBF)は11日、シンガポール企業庁(エンタープライズ・シンガポール)と共同で、東アフリカ2カ国にビジネス視察団を送ると発表した。ターマン副首相兼経済社会政策調整相の2カ国訪問に合わせたもの。

地場企業20社の約35人が参加する視察団は11日夜にシンガポールを出発し、13~16日の日程でケニアとルワンダを訪問。地場企業の業種はITや不動産、フィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)、建設、インフラ関連サービス、海運、物流、農業など幅広い。同様の視察団派遣はケニアが4回目、ルワンダが3回目となる。

ケニアでは、13日にシンガポール企業庁のナイロビ海外センターの開所式を行う予定。同国で幅広く事業展開する中国企業との連携を模索するため、ケニア中華商工会の会員企業とも話し合いを行う。このほかケニア、ルワンダの両国で現地の政府関係者や地場企業などと交流の機会を持つという。


関連国・地域: シンガポールアフリカ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール人の知人か…(10/22)

EVFTAの妥結へ一歩前進 EU、東南アとの協定拡大に本腰(10/22)

新興企業との連携スペース開所 独インフィニオン、本国含め世界初(10/22)

EUとFTAに調印、貿易・投資促進に期待(10/22)

リー首相、ベルギーで安倍首相と首脳会談(10/22)

南シナ海問題で協力、ASEAN拡大国防相会議(10/22)

空飛ぶタクシー、来年に都市部の試験飛行(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

C4NGP開所、次世代の港湾管理を研究(10/22)

ラザダの宅配、セブン店舗で受け取り可能に(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン