《日系進出》ユニオン楽器が今秋進出 国際港SEZ内、5千万円投資

ユニオン楽器(埼玉県越谷市)は、今秋にもカンボジアに進出する。国際港の南部シアヌークビル自治港(PAS)が運営する経済特区(SEZ)内の既存工場を活用し、中古ピアノを再調整して世界に輸出する計画だ。投資額は約5,000万円。港に直結していることや労働集約型の作業が可…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: その他製造小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

厳格なコロナ対策、一部で再導入も=首都(06/15)

中国タイヤ大手サイルン、投資計画を拡大(06/15)

中国がアプリで個人情報取得と報道、政府否定(06/15)

国内初の金生産開始へ、東部の金鉱で(06/14)

タイとの貿易、4月は輸出入とも前年超えに(06/14)

周辺国労働者のコロナ検査、タイが延長(06/14)

米がカンボジア基地視察、中国利用疑いで(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン