超大型コンテナ船用クレーン導入、マニラ港

フィリピンの港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)は、国内最大の港湾マニラ・インターナショナル・コンテナ・ターミナル(MICT)に、大型の岸壁用ガントリークレーン3基を導入したと発表した。世界最大級のコンテナ船に対応が可能になる。

7日に3基を導入した。うち2基は、拡張された新パナマ運河の通航が可能な貨物積載量1万4,000TEU(20フィートコンテナ換算)のネオパナマックス級船舶に対応可能で、MICTの貨物取り扱い能力は世界の主要港並みになった。ほかの1基はネオパナマックス級よりは小さいが旧来のパナマ運河は通航できないサイズのポストパナマックス(超パナマックス)級に対応する。

クレーンはいずれも中国の上海振華重工集団(ZPMC)製。ネオパナマックス級2基は第6埠頭(ふとう)、ポストパナマックス級は第5埠頭に設置され、MICTの岸壁用ガントリークレーンは計16基になった。来年さらに2基導入する予定だ。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「洗車しはじめると雨が…(06/20)

順調なインフラ整備を強調 比経済閣僚が東京で説明会(06/20)

年内にインフラ30事業始動、総額2.2兆円(06/20)

JTの現地工場に太陽光パネル、東南ア最大(06/20)

19日為替:$1=53.440ペソ(↑)(06/20)

メトロパシ、165億円でカビテに物流基地建設(06/20)

首都圏モノレール、年内に機材調達業者選定(06/20)

新ジプニーの初乗り料金10ペソ、当局発表(06/20)

パサイ市の電動ジプニー、18日に運行開始(06/20)

台湾の新金宝、IPOで現地事業拡張を計画(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン