• 印刷する

超大型コンテナ船用クレーン導入、マニラ港

フィリピンの港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)は、国内最大の港湾マニラ・インターナショナル・コンテナ・ターミナル(MICT)に、大型の岸壁用ガントリークレーン3基を導入したと発表した。世界最大級のコンテナ船に対応が可能になる。

7日に3基を導入した。うち2基は、拡張された新パナマ運河の通航が可能な貨物積載量1万4,000TEU(20フィートコンテナ換算)のネオパナマックス級船舶に対応可能で、MICTの貨物取り扱い能力は世界の主要港並みになった。ほかの1基はネオパナマックス級よりは小さいが旧来のパナマ運河は通航できないサイズのポストパナマックス(超パナマックス)級に対応する。

クレーンはいずれも中国の上海振華重工集団(ZPMC)製。ネオパナマックス級2基は第6埠頭(ふとう)、ポストパナマックス級は第5埠頭に設置され、MICTの岸壁用ガントリークレーンは計16基になった。来年さらに2基導入する予定だ。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大手診療所チェーン、シティーモールに開設(10/19)

クリスマス用食品の推奨価格、7割が上昇(10/19)

PEZAの所得税優遇撤廃 前長官が反対、比の魅力失う(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇(10/19)

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(10/19)

競争委、グラブとウーバーに課徴金命令(10/19)

JNTOがマニラ事務所を開設(10/19)

18日為替:$1=53.965ペソ(↓)(10/19)

アヤラ子会社、新興医療アプリに出資(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン