配車グラブ、20年の黒字化見込む

東南アジアの配車アプリ最大手グラブは、フィリピン事業に向こう1年~1年半で30億ペソ(約63億円)を投資する方針だ。米ウーバーの東南アジア事業の買収は短期的な黒字化につながっておらず、損益分岐点を超えるのは2020年と見込む。地元各紙が伝えた。 フィリピン事業の責任者…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏モノレール、年内に機材調達業者選定(19:29)

パサイ市の電動ジプニー、18日に運行開始(19:29)

台湾の新金宝、IPOで現地事業拡張を計画(19:15)

テイクオフ:自宅のソファに寝転がっ…(06/19)

5月二輪販売は13.6万台 過去最高、小型車は大台突破(06/19)

首都鉄道2案件、ア開銀と日本の協調融資も(06/19)

ドミンゲス財相ら訪日、インフラ協力会議で(06/19)

4月の海外送金受取、12.7%増の23億米ドル(06/19)

FDI純流入額の目標、92億ドルに引き上げ(06/19)

3月末の対外債務残高、0.8%減の732億ドル(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン