• 印刷する

テイクオフ:我がオフィスの入り口の…

我がオフィスの入り口の壁を全面ガラスに改装する際、壁に奇妙なほど頑丈な鉄筋の骨枠があることが判明し、工事業者を驚かせた。銀行じゃあるまいし、こんなオフィスは今まで見たことがない、と言う。骨組みだけになった壁を見ると、まるで刑務所のようだ。

しかも天井には、不釣り合いなほど巨大なエアコンダクトがあるという。以前入居していたのは普通の会計会社だった。一体このオフィスは何なのだろうと、不可解だった。

入居してそんなことも忘れた頃、先日行われたオフィスビルのオーナーミーティングで、我がオフィスにかなり昔入居していた、という夫婦に知り合った。彼らはそこで、宝石店を営んでいたというのでふに落ちた。なるほど鉄筋枠は防犯用で、巨大エアコンは細かいほこりの堆積を防ぐためだったようだ。ビルに歴史あり、とでも言うべきか。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝、全国紙を広げている…(10/18)

豪州、TPP11を批准 参加4カ国目、発効に向け前進(10/18)

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(10/18)

シドニー住宅空室率2.8%、過去13年間最高に(10/18)

貸し渋りで豪集合住宅建設に打撃=フィッチ(10/18)

〔政治スポットライト〕与党、白人至上主義動議に賛成票で弁明(10/18)

一般炭価格、エネ含量との関連なしに急上昇(10/18)

リオの3Q鉄鉱石出荷5%減、死亡事故響く(10/18)

WA州野党、鉄鉱石企業への増税案を再検討(10/18)

SA州政府、前政権設置の発電機を民営化(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン