• 印刷する

今年の新車販売は6%減、BMI予想

米格付け会社フィッチ・グループ傘下のBMIリサーチは、2018年のフィリピンの新車販売台数が前年比5.9%減に落ち込むとの予想を示した。税制改革法(TRAIN)による新車物品税率の引き上げ、ペソ安、物価上昇で購買力が落ちるとみているためで、従来予想の9.7%増から下方修正した。地元紙マニラタイムズが伝えた。

BMIリサーチはリポートで、TRAINによる物品税制の改正で新車価格が上昇したことにより、特に価格に敏感な中間所得層が新車ではなく中古車の購入に流れるとの見通しを示した。年後半もペソ安や物価上昇で、中間層の購買力は低下傾向にあるとみる。メーカー別では、国内シェア首位のトヨタ自動車と2位の三菱自動車など大手の新車販売が落ち込むことで、市場全体がマイナス成長になると予想した。

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造業者協会(TMA)によると、今年1~4月の新車販売台数(小売りベース)は前年同期比9.3%減の11万1,620台。メーカー別では、トヨタが11.5%減の4万7,307台、三菱自が1.0%増の2万2,079台などとなっている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

大統領、カラバルソンに「災害事態」宣言(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

共用通信塔の整備、計画発表が3月に(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

新型コロナで企業合理化、貿産相が懸念(02/28)

配車グラブ、車両登録枠の全活用求める(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

中銀、小規模金融機関の自己資本規制強化(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン