• 印刷する

対象は1449品目、日用品の関税引き下げ

中国国務院(中央政府)関税税則委員会は、7月1日から輸入関税を引き下げる日用品のリストを発表した。関税番号ベースで1,449品目が対象で、平均税率を15.7%から6.9%に引き下げる。平均の下げ幅は55.9%となる。

衣料品や家電、水産品、化粧品などの分野が対象。具体的な品目としては、冷蔵庫や洗濯機、マグロ、エビ、ホタテガイ、唇用化粧品、歯磨剤、入浴剤などが含まれる。

同委員会は「広範囲に関税を引き下げることで消費者の生活需要を満たし、消費財分野における供給側(サプライサイド)の構造改革を進める」と説明。今回の措置に対しては、中国に対米貿易黒字の削減を迫る米国に配慮したものとの見方もあるが、同委員会は「自発的な市場開放」であることを強調している。

李克強首相が主宰する国務院常務会議は5月30日、日用品の輸入関税を一段と引き下げることを決定していた。

リストの詳細は財政省のウェブサイト<http://gss.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201805/t20180531_2914284.html>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マカオのCTM、騰訊とクラウドで提携(20:27)

「春運」の鉄道切符、23日に販売開始(17:07)

テイクオフ:台湾の著名なパン職人、…(12/19)

テイクオフ:日本からの視察が引きも…(12/19)

【改革開放40年】(4)創新と創業 勃興する新産業、発信の時代へ(12/19)

改革開放「とことんまで」、40周年で習氏(12/19)

銀行「スキルギャップ」、業界6割が認識(12/19)

自動車産業投資で新規定、EVも管理を強化(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

本土向け生保の販売拡大を、金発局が提言(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン