• 印刷する

対象は1449品目、日用品の関税引き下げ

中国国務院(中央政府)関税税則委員会は、7月1日から輸入関税を引き下げる日用品のリストを発表した。関税番号ベースで1,449品目が対象で、平均税率を15.7%から6.9%に引き下げる。平均の下げ幅は55.9%となる。

衣料品や家電、水産品、化粧品などの分野が対象。具体的な品目としては、冷蔵庫や洗濯機、マグロ、エビ、ホタテガイ、唇用化粧品、歯磨剤、入浴剤などが含まれる。

同委員会は「広範囲に関税を引き下げることで消費者の生活需要を満たし、消費財分野における供給側(サプライサイド)の構造改革を進める」と説明。今回の措置に対しては、中国に対米貿易黒字の削減を迫る米国に配慮したものとの見方もあるが、同委員会は「自発的な市場開放」であることを強調している。

李克強首相が主宰する国務院常務会議は5月30日、日用品の輸入関税を一段と引き下げることを決定していた。

リストの詳細は財政省のウェブサイト<http://gss.mof.gov.cn/zhengwuxinxi/zhengcefabu/201805/t20180531_2914284.html>で確認できる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チャットアプリ「微信(…(08/15)

【新PUV】始動したジプニー近代化(下) ペソ安打撃、部品の現地化に課題(08/15)

マカオカジノ業界が堅調 貿易摩擦も「影響軽微」(08/15)

車載電池メーカーに淘汰の波 中小の資金繰り悪化、大手集約へ(08/15)

豪電力企、日本と石炭火電計画 4年半で千MW規模も(08/15)

22年までに中国支援の18事業着工、NEDA(08/15)

雲南省系企業、河川港の土地で商業施設着工(08/15)

7月の鉱工業生産6%増、固定資産投資不調(08/15)

FPCの同泰、中台で生産能力増強(08/15)

商務省「影響を注視」、米国防権限法成立で(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン