• 印刷する

ビスタラ、デリーの空港に接客ロボット導入

ビスタラ航空が導入する接客ロボット「ラダ」(同航空提供)

ビスタラ航空が導入する接客ロボット「ラダ」(同航空提供)

インドのビスタラ航空は29日、首都ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港(IGIA)のラウンジに7月5日に人工知能(AI)を活用した接客ロボット「ラダ」(RADA)を導入すると発表した。

設置先は、ビスタラがIGIAの第3ターミナルで運営するラウンジ。ラダは車輪付きで、事前に設定された経路を移動することができ、搭乗券の読み取り、運航状況や目的地の天候などの情報提供を行う。また、搭載された3台のカメラで人を認識し、利用者の質問に答えたり、手の動きなどでコミュニケーションを取ったりすることも可能という。

ラダの開発はITサービス最大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)が運営するTCSイノベーション・ラボが、国内教育機関の学生と共同で手掛けた。

ビスタラのレスリー・タン最高経営責任者(CEO)は、「ラダの導入で顧客に斬新な経験を提供したい。利用者のフィードバックを基に、さらに機能を充実させていく」とコメントした。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド5州の州議会選の…(12/13)

モディ政権、来年総選挙に逆風 5州議会選で与党全敗(12/13)

中銀新総裁「元官僚は最適でない」、専門家(12/13)

インド大統領、チャオピュー深海港で懸念か(12/13)

タタ自の世界販売、11月は7%減10.5万台(12/13)

インド人、到着ビザでの入国可能に(12/13)

欧州ビール大手マオウ、ベンガルール参入(12/13)

製薬オーロビンド、中国で吸入器の合弁(12/13)

エイスース、印スマホ市場でシェア10倍目標(12/13)

中国半導体ユニソック、来年の2割増収視野(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン