香港を初の海外輸出先に 植物由来食品の発売相次ぐ(上)

香港で植物由来の食品を発売する海外企業が急増している。所得水準の高さを背景に食の安全や健康への意識が向上し、市場が拡大していることが要因。香港を足がかりに、隣接する巨大な中国本土市場へ進出する狙いもある。ベジタリアンやビーガン(完全菜食主義者)が多い米国やカナ…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

海外移住への関心再び 国家安全法制定で、若者顕著(06/03)

米の優遇廃止「二重基準」と批判、行政長官(06/03)

林鄭氏、3日に北京訪問=国家安全法巡り(06/03)

集合制限令と入境制限を延長、香港政府(06/03)

新たに6人のコロナ感染確認、累計1093人(06/03)

企業の6割は国安法制に肯定的、総商会調査(06/03)

必要時は人民銀から米ドル調達、財政長官(06/03)

小売市場の年内回復は困難、専門家が予測(06/03)

続伸、銀行株に買い=香港株式(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン