• 印刷する

水の衛生問題で年4.5億ドル損失、WHO

世界保健機関(WHO)は、カンボジアの水道の衛生問題による経済損失が毎年4億4,800万米ドル(約490億円)に上るとの試算をまとめた。高棉日報(電子版)が伝えた。

カンボジアでは現在、給水人口が全人口の60%にすぎない。同国政府幹部は「水道の衛生問題は国家の経済発展に直接影響を与えるのみならず、観光業にも影響を与える」と指摘した。

これに関連し、アジア開発銀行(ADB)は昨年12月、バッタンバン、コンポンチャム、シエムレアプ、シアヌークビルの4都市の水道の衛生状況改善事業の財源の一部として、5,000万米ドルの借款供与を決めている。

同事業には総額1億1,917万米ドルの費用が必要で、日本が1,000万米ドル、フランスが4,354万米ドル、カンボジア政府が1,054万米ドル、欧州連合(EU)が509万米ドルの借款または無償援助を提供する。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ペステック、カンボジア太陽光事業を買収へ(20:54)

中国からLNG輸入、ホテルや飲食店に販売(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

証取所の1日平均売買代金、19年は約6倍(01/17)

国債が上場の見通し、向こう2~3年で(01/17)

夜勤の賃金引き下げ検討、労組から反発も(01/17)

【カンボジア経済通信】日系企業の投資前向き ジェトロ調査 第353回(01/17)

南シナ海など討議、ASEAN外相会議(01/17)

首都新空港の建設、中国系3社が受注(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン