• 印刷する

水の衛生問題で年4.5億ドル損失、WHO

世界保健機関(WHO)は、カンボジアの水道の衛生問題による経済損失が毎年4億4,800万米ドル(約490億円)に上るとの試算をまとめた。高棉日報(電子版)が伝えた。

カンボジアでは現在、給水人口が全人口の60%にすぎない。同国政府幹部は「水道の衛生問題は国家の経済発展に直接影響を与えるのみならず、観光業にも影響を与える」と指摘した。

これに関連し、アジア開発銀行(ADB)は昨年12月、バッタンバン、コンポンチャム、シエムレアプ、シアヌークビルの4都市の水道の衛生状況改善事業の財源の一部として、5,000万米ドルの借款供与を決めている。

同事業には総額1億1,917万米ドルの費用が必要で、日本が1,000万米ドル、フランスが4,354万米ドル、カンボジア政府が1,054万米ドル、欧州連合(EU)が509万米ドルの借款または無償援助を提供する。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

ユーロチャム、経済制裁に反対表明(10/17)

関税優遇措置の停止回避へ、EUと交渉(10/17)

シンガのリンペイ、仮想通貨決済に参入(10/17)

首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」(10/17)

過積載車両の検査で汚職、職員14人を解雇(10/17)

アジア投資「欧州流」強調、中国意識(10/17)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン