• 印刷する

マニラ首都圏のモノレール、21年開通を予定

マニラ首都圏で計画されるモノレール「スカイトレイン」のイメージ図(インクワイラー提供)

マニラ首都圏で計画されるモノレール「スカイトレイン」のイメージ図(インクワイラー提供)

フィリピンの有力実業家アンドリュー・タン氏率いる持ち株会社、アライアンス・グローバル・グループ(AGI)は28日、マニラ首都圏のモノレール「スカイトレイン」が、2021年初めにも開通する見通しと発表した。同社傘下のインフラコープ・デベロップメントが運輸省から優先事業者(OPS)と認定され、着工の準備が整った。

スカイトレインは、タギッグ市フォート・ボニファシオとマカティ市グアダルーペの2キロメートルを片道5分で結ぶ。事業費は30億ペソ(約62億円)。1日6万~10万人が利用する見通しだ。

タン氏は声明で、「今年末までに着工し、2年後の21年初頭に開通させられる」と説明。東京やシドニーなどのビジネス街で運行されている運輸システムと同水準のモノレールを、フィリピン最大のビジネス街であるタギッグとマカティの間に整備する意義は大きいとの見解を示した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12/14)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12/14)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン