• 印刷する

保険料の二重払い回避、日比社保協定が発効

日本の外務省は25日、社会保険料の二重払いや掛け捨ての問題を解消するための、日本・フィリピン社会保障協定が発効したと発表した。8月1日に効力が生じる。

「社会保障に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定(日・フィリピン社会保障協定)」の効力発生のための外交上の公文の交換がマニラで行われた。

社会保障協定の発効前は、日本からフィリピンに駐在員を派遣する場合、またはフィリピンから日本へ駐在員を派遣する場合に、日本・フィリピン双方の年金制度に加入することが義務付けられていた。今後は、派遣期間が5年以内の駐在員などは原則として派遣元国の年金制度にのみ加入することとし、保険料の二重負担を回避する。

また、年金を受給する要件として、それぞれ年金制度に一定期間加入しなければならないところ、今後は両国での保険期間を通算して年金の受給権を取得できる。

外務省によると、フィリピンに滞在する日本人(永住者を除く)は2016年10月時点で1万1,770人。うち6,253人が民間企業関係者という。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:緊張から声が震えていた…(05/10)

国の成長に貢献、インフラ鍵に MUFGの東南アジア戦略(3)(05/10)

入国後の隔離厳格化 施設で10日間、感染防止へ(05/10)

ミ島のサンボアンガ市、外出制限厳格化(05/10)

新型コロナ、新たに7174人感染(05/10)

石炭事業への融資停止検討、アジア開銀(05/10)

コロナワクチン到着、新たに350万回分(05/10)

高齢者の外出許可、国民ID登録目的で(05/10)

ワクチン調達に900億ペソ必要、22年度(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン