• 印刷する

保険料の二重払い回避、日比社保協定が発効

日本の外務省は25日、社会保険料の二重払いや掛け捨ての問題を解消するための、日本・フィリピン社会保障協定が発効したと発表した。8月1日に効力が生じる。

「社会保障に関する日本国とフィリピン共和国との間の協定(日・フィリピン社会保障協定)」の効力発生のための外交上の公文の交換がマニラで行われた。

社会保障協定の発効前は、日本からフィリピンに駐在員を派遣する場合、またはフィリピンから日本へ駐在員を派遣する場合に、日本・フィリピン双方の年金制度に加入することが義務付けられていた。今後は、派遣期間が5年以内の駐在員などは原則として派遣元国の年金制度にのみ加入することとし、保険料の二重負担を回避する。

また、年金を受給する要件として、それぞれ年金制度に一定期間加入しなければならないところ、今後は両国での保険期間を通算して年金の受給権を取得できる。

外務省によると、フィリピンに滞在する日本人(永住者を除く)は2016年10月時点で1万1,770人。うち6,253人が民間企業関係者という。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 金融雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつてはH&M、フォー…(01/16)

海賊被害、過去12年で最低 18年はアジア海域で25%減の76件(01/16)

JTBが在留邦人の市場開拓 5店舗目をマカティ市に開設(01/16)

「また日本で働きたい」が9割超、比人調査(01/16)

今年の昇給率は横ばいの6%、転職は下火(01/16)

11月の海外送金受取、2.8%増の23.3億ドル(01/16)

4月までにインフラ融資6件契約へ、日中と(01/16)

税制改革の税収増、1~9月は目標の95%(01/16)

今年輸出額は6%増予想、輸出業者連盟(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン