テイクオフ:インドネシアの伝統的な…

インドネシアの伝統的な揚げせんべい、ウンピン。おやつとして食べたり、オックステールスープなどに添えられていたりする。メリンジョという木の実から作られたものが一般的だが、クズウコンを原料にした珍しいウンピンを発見した。

ジョクジャカルタ南部バントゥル県の名産品を集めた展示会で売られていた。クズウコンは、インドネシア語で「ガルット」と呼ぶそうだ。ウンピンは、その根茎をたたきつぶして乾燥させ、揚げたもの。メリンジョのウンピンほど苦みはなく、食べやすい。繊維質が多く、クズウコンのデンプンは腹痛や下痢にも効くらしい。

断食月なのに店主は熱心に試食を勧める。初めて見るクズウコンに興味を示すと、スマホを取り出して畑の写真も見せてくれた。「試しに育ててみる?」クズウコンの根1本もおまけにくれた。自家栽培で育つかな。(麻)

クズウコン(手前)を原料に作られたウンピン(中央)=ジャカルタ(NNA撮影)

クズウコン(手前)を原料に作られたウンピン(中央)=ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タックスアローワンス、300業種に拡大へ(18:56)

ユニリーバ現地法人がスプレッド事業売却(17:59)

フリーポート株の買収額、50億ドル以下に(16:29)

統一地方選、27日に投票 野党が統一候補、大統領選占う(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

大統領選、現職はジャワ島で高支持率(06/22)

《インドネシア・ビジネス・セミナー》2019年大統領選とビジネス環境(06/22)

電気自動車の型式検査施設、官民協業で建設(06/22)

スマレコン、マカッサルに新興都市開発(06/22)

DIC、有機顔料の研究開発拠点を設置(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン