• 印刷する

テイクオフ:インドネシアの伝統的な…

インドネシアの伝統的な揚げせんべい、ウンピン。おやつとして食べたり、オックステールスープなどに添えられていたりする。メリンジョという木の実から作られたものが一般的だが、クズウコンを原料にした珍しいウンピンを発見した。

ジョクジャカルタ南部バントゥル県の名産品を集めた展示会で売られていた。クズウコンは、インドネシア語で「ガルット」と呼ぶそうだ。ウンピンは、その根茎をたたきつぶして乾燥させ、揚げたもの。メリンジョのウンピンほど苦みはなく、食べやすい。繊維質が多く、クズウコンのデンプンは腹痛や下痢にも効くらしい。

断食月なのに店主は熱心に試食を勧める。初めて見るクズウコンに興味を示すと、スマホを取り出して畑の写真も見せてくれた。「試しに育ててみる?」クズウコンの根1本もおまけにくれた。自家栽培で育つかな。(麻)

クズウコン(手前)を原料に作られたウンピン(中央)=ジャカルタ(NNA撮影)

クズウコン(手前)を原料に作られたウンピン(中央)=ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ブラウン管テレビやビー…(12/11)

セダン・SUV販売が不振 市場飽和、価格格差が下げ要因(12/11)

アバンザとセニア、来年初め新モデル発売か(12/11)

シングポスト、域内の宅配事業にAI導入(12/11)

19年の給与上昇率は8%の見通し、マーサー(12/11)

ビンタン島、ガラン・バタン経済特区が稼働(12/11)

ラチャブリ、インドネ水力発電所に出資(12/11)

スマラン港の国際貨物取扱量は5%増(12/11)

東急コミュニティー、初の海外法人設立(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン