• 印刷する

マンゴー「セインタロン」輸出、毎日10トン

ミャンマー産のセインタロンマンゴーの海外での需要が高まり、輸出量が1日当たり8~10トンに達している。主にシンガポール、中国、ロシアに送られているという。23日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。

シンガポールやロシアへの空輸も5月8日に始まった。セインタロンマンゴーは2010年から海外市場で販売されており、13年ごろから国際的に人気が高まっている。

かつては1個250グラムのマンゴーのみが輸出対象だったが、現在は400グラムの大粒のマンゴーなども輸出されるようになった。輸出業者に人気のあるのは中部マンダレー管区のパテインジー、チャウクセ、シングの3郡区で採れるマンゴー。

中国向けはマンダレーから陸路で運ばれ、シンガポールやロシア向けは最大都市ヤンゴンから空輸される。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー産米に輸入制限 EU、貿易関係に不協和音(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

コンド法の管理委設置、市場活性化に期待(01/18)

外交官に誠実さ求める、スーチー氏が訓示(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

ロヒンギャ問題が焦点、ASEAN外相会議(01/18)

人身売買の7割、中国人男性との強制結婚(01/18)

高知の技能実習生、ミャンマー現法で雇用(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン