マンゴー「セインタロン」輸出、毎日10トン

ミャンマー産のセインタロンマンゴーの海外での需要が高まり、輸出量が1日当たり8~10トンに達している。主にシンガポール、中国、ロシアに送られているという。23日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。

シンガポールやロシアへの空輸も5月8日に始まった。セインタロンマンゴーは2010年から海外市場で販売されており、13年ごろから国際的に人気が高まっている。

かつては1個250グラムのマンゴーのみが輸出対象だったが、現在は400グラムの大粒のマンゴーなども輸出されるようになった。輸出業者に人気のあるのは中部マンダレー管区のパテインジー、チャウクセ、シングの3郡区で採れるマンゴー。

中国向けはマンダレーから陸路で運ばれ、シンガポールやロシア向けは最大都市ヤンゴンから空輸される。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

ティラワで新区画の販売開始 7月から、さらに拡張も視野(06/20)

石油ガス鉱区の生産分与契約、条件を見直し(06/20)

日本との貿易額、4月は1.5億米ドル(06/20)

国連特使がラカイン州訪問、ロヒンギャと面会も(06/20)

スー・チー氏、73歳に=「心の平和」強調(06/20)

ヤンゴンでコメ値上がり予想、備蓄米を供給(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

ミッソンダム、中国が再開意欲あらためて表明(06/20)

カチン人道団体、治安当局から支援中止圧力(06/20)

モン州の洪水で千人避難、40年で被害最悪(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン