• 印刷する

テイクオフ:日本のコンビニエンスス…

日本のコンビニエンスストア、飲食店などで、外国人店員がごく当たり前の存在になって久しい。地域などによっておそらく違いはあるとは思うが、東京の場合、中国人店員の比率は高いような気がする。店員としての仕事は、総じて日本人店員同様にこなしているように見えるし、違和感は全くなくなった。

コンビニ店員の場合、日本人を含めて名札が仮名で書かれているケースが目立つ。「しゃ」とか「さい」、「おう」などであれば、恐らく中国人または中国系の「謝」さん、「蔡」さん、「王」さんなんだろうなと想像がつく。

以前は、中国人と思われるコンビニ店員に、たまに中国語で話しかけてみることがあった。しかしほとんどは日本語で答えが返ってくる。必死に日本語を学ぼうとしているのだろう。そうした姿勢を尊重して、今はこちらも日本語オンリーにしている。頑張れ。(乾)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン