• 印刷する

テイクオフ:日本のコンビニエンスス…

日本のコンビニエンスストア、飲食店などで、外国人店員がごく当たり前の存在になって久しい。地域などによっておそらく違いはあるとは思うが、東京の場合、中国人店員の比率は高いような気がする。店員としての仕事は、総じて日本人店員同様にこなしているように見えるし、違和感は全くなくなった。

コンビニ店員の場合、日本人を含めて名札が仮名で書かれているケースが目立つ。「しゃ」とか「さい」、「おう」などであれば、恐らく中国人または中国系の「謝」さん、「蔡」さん、「王」さんなんだろうなと想像がつく。

以前は、中国人と思われるコンビニ店員に、たまに中国語で話しかけてみることがあった。しかしほとんどは日本語で答えが返ってくる。必死に日本語を学ぼうとしているのだろう。そうした姿勢を尊重して、今はこちらも日本語オンリーにしている。頑張れ。(乾)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(00:23)

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

「貯蓄始めた」は半分足らず 若い世代、低い老後への意識(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

海外からの対中投資、1~7月は2.3%増(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン