• 印刷する

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ

インドのITサービス大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は22日、日本の子会社である日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(日本TCS)と東京電力フュエル&パワー(東電FP)が火力発電所運営の最適化に向けて基本合意したと発表した。人工知能(AI)を使った最適化モデルを共同で開発する。

火力発電分野でビッグデータを保有する東電FPと、IT・デジタル分野のグローバル市場で豊富な知見と経験を有するTCSの強みを生かす。運営・保守(O&M)の標準化と効率化、設備効率の向上、燃料の最適化といったモデルを開発する。日本TCSによると、両社が合意を結ぶのは初めてという。

日本TCSは2014年7月に発足。TCSが51%、三菱商事が49%出資する。


関連国・地域: インド日本
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:友人の子どもの頃の夢は…(01/21)

EV充電所の整備進む MGとタタ電力、南部に新設(01/21)

スズキ、「ジムニー」の生産と輸出を開始(01/21)

メルセデス、テスラの印市場参入を歓迎(01/21)

エスコーツ、電動トラクターの認証取得(01/21)

ビールの米モルソン、インド事業売却へ(01/21)

地場農業サービス、EC市場開設へ(01/21)

複合DCM、化学事業に107億ルピー投資(01/21)

デリー空港、社会的距離確保にセンサー設置(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン