東芝メモリの売却確定、中国の独禁法審査通過

【共同】東芝の半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却手続きが、中国での独禁法審査を通過したことが17日、分かった。必要な承認を全て得たことになり、米ファンドのベインキャピタルを軸とする企業連合への売却が確定した。 中国での審査は昨年12月に始まり、米中貿易摩擦な…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ市場の競合企業、中国が初の首位(01/17)

訪日香港人が7年ぶり減少 19年は「微増」の指摘も(01/17)

テイクオフ:広州市の中国茶販売店の…(01/17)

年度ボーナス平均7100元 前年から減少、景気減速を反映か(01/17)

資策会、華為製品を内部ネットワーク接続禁止(01/17)

来年9月に沖縄のホテル完成へ、EGL(01/17)

鉱工業生産の鈍化は「複合的要因」、工情省(01/17)

中国企業の海外投資、18年は4.2%増(01/17)

中央企業純利益、18年は1.2兆元で過去最高(01/17)

工業省、電気自動車の生産を奨励(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン