マランパヤガス田の課税方針崩さず、監査委

フィリピンの監査委員会(COA)は、パラワン州沖のマランパヤ天然ガス田(サービス・コントラクト=SC38鉱区)を運営するコンソーシアムの法人税1,467億9,100万ペソ(約3,099億円)が未納で、支払い義務があるとの見解をあらためて示した。地元紙マニラタイムズなどが伝えた。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

南ア型変異株、新たに52人の感染確認(03/05)

コロナ感染新たに3045人、計58万7704人(03/05)

従業員向けにワクチン調達 大手企業、無料で接種促進へ(03/05)

ワクチン第2弾到着、アストラゼネカ製(03/05)

コロナ感染新たに2452人、計58万4667人(03/05)

ピナツボ火山、警戒水準「1」に引き上げ(03/05)

無印良品、オルティガス店を改装(03/05)

セブン銀、ATM事業を開始(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン