三菱商、中間層向け住宅開発 地場と合弁設立で需要発掘に本腰

三菱商事は16日、フィリピンの不動産開発大手センチュリー・プロパティーズと、フィリピンの中間所得層向け住宅開発を手掛ける合弁会社の設立で契約を交わした。海外の不動産事業で長期開発を視野に入れた事業会社を設立するのは初めて。カビテ州タンザでの分譲住宅プロジェクトが…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日系企業の出張者と話し…(10/18)

金融引き締めスタンス休止も 中銀、前月比インフレ緩和で(10/18)

ネットベースの輸入申告システム、全国導入(10/18)

中国輸入博に大規模訪問団を派遣(10/18)

政府機関の予算消化率、1~9月は97%(10/18)

国際競争力は56位、インフラ整備に遅れ(10/18)

17日為替:$1=53.890ペソ(↑)(10/18)

ボラカイ島、eトライク200台を導入(10/18)

現代自が新ジプニー披露、商用車販売を強化(10/18)

クラーク空港の拡張工事、進捗率は25%(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン