三菱商、中間層向け住宅開発 地場と合弁設立で需要発掘に本腰

三菱商事は16日、フィリピンの不動産開発大手センチュリー・プロパティーズと、フィリピンの中間所得層向け住宅開発を手掛ける合弁会社の設立で契約を交わした。海外の不動産事業で長期開発を視野に入れた事業会社を設立するのは初めて。カビテ州タンザでの分譲住宅プロジェクトが…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数年ぶりに妻の実家のあ…(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

財閥アヤラ、完成車生産に向け2社と協議(05/28)

ハラル製品輸出に軸足、食品見本市でPR(05/28)

タイ民間4社、比コメ入札で21万トン落札(05/28)

保険料の二重払い回避、日比社保協定が発効(05/28)

ゴジェック、東南ア4カ国進出に5億米ドル(05/28)

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(05/28)

配車ゴジェック、数カ月以内に国内進出(05/28)

25日為替:$1=52.700ペソ(↓)(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン