• 印刷する

テイクオフ:Jリーグのジュビロ磐田…

Jリーグのジュビロ磐田やガンバ大阪で活躍した李根鎬(イ・グノ)選手がワールドカップ(W杯)ロシア大会のサッカー韓国代表候補28人の1人に選ばれた。李選手は現在、Kリーグに所属中だ。

当方は、取材がきっかけで李選手の隠れファンとなった。ボランティア精神が旺盛な李選手は、所属する球団から受け取る年俸以外のお金はすべてボランティア活動に回すという。

昨年も、視覚障害者中心の5人制サッカー(ブラインドサッカー)の選手らに日本のスポーツ用品大手ミズノのシューズ計77足を贈呈した。シューズはブラインドサッカーへの関心を高めたいと自ら購入したもの。韓国ミズノがシューズの寄贈を依頼したところ、快諾したという。

李選手は前回のブラジル大会の初戦のロシア戦で、途中出場ながらゴールを決めている。ロシア大会での活躍を期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コンビニ・外食で省力化の波 賃金上昇で、決済インフラ活用(08/17)

テイクオフ:総勢96人の日韓中の美…(08/17)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

主要30グループ、上期投資額が24%増(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

半導体好景気まもなく終了か、懸念高まる(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

韓国の釜山港湾公社、米越に事務所設立へ(08/17)

サッカー分析業者に6億円出資、SBVK(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン