テイクオフ:Jリーグのジュビロ磐田…

Jリーグのジュビロ磐田やガンバ大阪で活躍した李根鎬(イ・グノ)選手がワールドカップ(W杯)ロシア大会のサッカー韓国代表候補28人の1人に選ばれた。李選手は現在、Kリーグに所属中だ。

当方は、取材がきっかけで李選手の隠れファンとなった。ボランティア精神が旺盛な李選手は、所属する球団から受け取る年俸以外のお金はすべてボランティア活動に回すという。

昨年も、視覚障害者中心の5人制サッカー(ブラインドサッカー)の選手らに日本のスポーツ用品大手ミズノのシューズ計77足を贈呈した。シューズはブラインドサッカーへの関心を高めたいと自ら購入したもの。韓国ミズノがシューズの寄贈を依頼したところ、快諾したという。

李選手は前回のブラジル大会の初戦のロシア戦で、途中出場ながらゴールを決めている。ロシア大会での活躍を期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

政策金利を据え置き、1.5%で6カ月連続(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

高麗大と企業30社、ブロックチェーンで協力(05/25)

欧R&Dネットワーク、韓国がパートナーに(05/25)

自動運転のバスと貨物車、政府が実証研究へ(05/25)

カガヤン港改修に210億円、投資誘致へ(05/25)

起亜自、「スティンガー」19年モデルを発売(05/25)

人工透析機器の明基透析、年末にも韓国進出(05/25)

自動運転向け地図、SKTが日欧3社と提携(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン