• 印刷する

テイクオフ:Jリーグのジュビロ磐田…

Jリーグのジュビロ磐田やガンバ大阪で活躍した李根鎬(イ・グノ)選手がワールドカップ(W杯)ロシア大会のサッカー韓国代表候補28人の1人に選ばれた。李選手は現在、Kリーグに所属中だ。

当方は、取材がきっかけで李選手の隠れファンとなった。ボランティア精神が旺盛な李選手は、所属する球団から受け取る年俸以外のお金はすべてボランティア活動に回すという。

昨年も、視覚障害者中心の5人制サッカー(ブラインドサッカー)の選手らに日本のスポーツ用品大手ミズノのシューズ計77足を贈呈した。シューズはブラインドサッカーへの関心を高めたいと自ら購入したもの。韓国ミズノがシューズの寄贈を依頼したところ、快諾したという。

李選手は前回のブラジル大会の初戦のロシア戦で、途中出場ながらゴールを決めている。ロシア大会での活躍を期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経営破綻の韓進現法、地裁が更生開始命令(16:10)

テイクオフ:韓国で一般的に使われる…(01/16)

サムスンがインド再攻略へ スマホ新製品投入、小米に対抗(01/16)

財閥トップ、文大統領と意見交換(01/16)

昨年12月の輸入物価指数、3.2%上昇(01/16)

生産可能人口の割合、08年以降最低に(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

現代・起亜自、最低賃金が労働問題に浮上(01/16)

公取委がトヨタに課徴金、広告で法違反か(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン