航空各社の競争さらに過熱か 新商品投入、利用客取り込みへ

イスラム教の断食明け大祭(レバラン、今年は6月15~16日)前後の連休を前に、インドネシアの航空各社が国内便の航空券販売合戦を強めつつある。各地で空港の整備が進む一方、ルピア安や燃油価格の上昇など不安定要素もある中で、年間周遊搭乗券など新しいサービスを展開し、利用…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EV関連の大統領令を公布 21年に現地調達率35%以上へ(08/16)

EV普及で自動車部品会社3割が消滅か(08/16)

国産電動バイク、21年に現調率100%へ(08/16)

7月の貿易収支、3カ月ぶりの赤字に転じる(08/16)

みずほとOCBC、地場プルマタ銀を買収か(08/16)

PtoP事業、データセンター加入義務化へ(08/16)

AP1、韓国の仁川国際空港公社と協力事業(08/16)

MRTジャカルタとソウルメトロが協力覚書(08/16)

スマホ市場、中国OPPOが初の首位(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン