カチン武装勢力への攻撃激化 ミャンマー和平実現は遠く

【ヤンゴン共同=清水健太郎】ミャンマー北部カチン州で4月以降、国軍が少数民族武装勢力への攻撃を強め、約5千人の避難民が発生している。多民族国家ミャンマーではイスラム教徒ロヒンギャ問題が注目されているが、カチン州の戦闘も終息の兆しがない。アウン・サン・スー・チー…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

投資管理局、EUの経済制裁影響を楽観視(12:35)

ムセーマンダレー鉄道建設へ 中国と事業化調査の覚書に調印(10/24)

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス(10/24)

飼料産業が拡大、20年に年間400万トン規模(10/24)

スイス、国軍高官7人を制裁対象に指定(10/24)

香港でセミナー開催、投資拡大を呼び掛け(10/24)

バゴーの精米市場、中国人の違法取引横行(10/24)

27日から、ヤンゴンで日本関連イベント(10/24)

プロジェクト銀の主旨を説明、計画・財務相(10/24)

ロヒンギャ帰還協議へ、マレーシア外相ら(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン