• 印刷する

グローバルグループ、ハノイで保育園事業

首都圏を中心に約130カ所で保育施設などを運営するグローバルグループ(東京都千代田区)は11日、合弁会社を立ち上げてベトナムで保育事業に乗り出すと発表した。ハノイ圏で来年半ばにも保育園を開園する計画だ。

地場SNBキッドデン・ワールド社と合弁会社「グローバルキッズ・ベトナム」を6月中をめどに設立する。両社は既に合弁会社設立の基本合意契約を締結している。グローバルグループ側が75%を出資する。

ベトナムでは女性の社会進出や都市部の核家族化を背景に0~3歳の保育ニーズが高まっており、合弁会社は日本のノウハウを生かし、乳幼児の保育教育や、保育者の育成研修、複数保育園の運営指導を行う。2017年11月にはベトナム人4人を採用して日本国内で保育実習を開始している。

SNBは07年11月設立でハノイ市に本社がある。生活用品の卸・輸入販売などを手掛け、多くの日本製品の販売代理店にも指定されている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

ダナン、製造業の誘致に注力 イナバゴムは年内に工場稼働へ(05/26)

【ASEAN戦略】徳育や科学実験で市場取り込み 学研、域内で新規進出も検討(05/26)

ダナン市、30年までの基本計画概要を承認(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

ダナン市、4兆ドンの複合都市区を原則承認(05/26)

バンフック不動産、HCM市で総合病院着工(05/26)

高速道路総公社が減資、実態に合わせ(05/26)

電気冷蔵REE、子会社が重荷に=決算(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン