住宅ローンが重い負担、世帯月収の7割に

香港政府は11日、485平方フィート(約45平方メートル)の住宅購入にかかる住宅ローンの支払い平均額が今年第1四半期(1~3月)に世帯月収の中央値の71%を占めていると明らかにした。1998~2017年の平均比率44%を大きく上回った。

第1四半期の域内総生産(GDP)に関する報告の中で触れた。住宅ローンの借入額を購入額の7割、償還期間を20年として計算した。世帯月収には公営住宅の入居者を含まない。もし金利が現水準から3ポイント上がった場合、住宅ローンの支払い平均額は世帯月収中央値の93%まで上昇するという。

12日付香港経済日報などによると、政府の欧錫熊(アンドリュー・アウ)経済顧問は、米国の金利上昇と香港での住宅供給増加という2点の見通しを踏まえ、「香港の金利は必ず米国に追随する。市民は住宅を購入するリスクに注意すべきだ」と訴えた。

住宅価格は昨年12月~今年3月に4%上昇。今年3月の価格は97年当時から約2.1倍となった。住宅賃料は第1四半期に1%上がった。オフィス賃料は横ばい、店舗賃料は1%下がった。


関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:香港在住の日本人同士で…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

貿易戦争で香港経済減速も 政府予測、下期に最大0.3Pか(07/16)

エバラ食品、8月に子会社を設立(07/16)

2Q成長率4.4%に上方修正、香港大予測(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

続伸、内需関連とIT銘柄が好調=香港株式(07/16)

SFCが企業買収ルール改正、違反で賠償も(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン