リオとアルコア、合弁でCO2無排出事業

英豪系資源大手リオ・ティントと米アルミ大手アルコアはこのほど、アルミニウムの精錬工程で二酸化炭素(CO2)を直接排出しない技術を商業化するため、カナダに合弁会社を設立すると発表した。米アップルも投資するほか、技術開発を支援する。2024年の商業化を目指す。オースト…

関連国・地域: オーストラリア米国カナダ欧州
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでよく見…(10/24)

豪、政府調達の国際協定加入 世界17兆$市場に参入へ(10/24)

〔政治スポットライト〕与党補選敗退、香港企のAPA買収困難に(10/24)

首相、来年1月までに電気料金引き下げ実施(10/24)

インペックス、日本へLNG出荷開始(10/24)

最高裁、オーリゾン貨物制限案の審理開始(10/24)

豪エンジ大手ウォーリー、米同業を買収(10/24)

住宅ローンの負担危機、豪で94万世帯超(10/24)

テルストラ通信故障、緊急通報に大規模障害(10/24)

豪eギフトカード企、45億$市場で事業拡大(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン