リオとアルコア、合弁でCO2無排出事業

英豪系資源大手リオ・ティントと米アルミ大手アルコアはこのほど、アルミニウムの精錬工程で二酸化炭素(CO2)を直接排出しない技術を商業化するため、カナダに合弁会社を設立すると発表した。米アップルも投資するほか、技術開発を支援する。2024年の商業化を目指す。オースト…

関連国・地域: オーストラリア米国カナダ欧州
関連業種: 鉄鋼・金属社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅近くの路上で、うず…(05/25)

連邦、退職年金未払い厳罰化 禁錮最長1年、罰金未払い1.5倍(05/25)

ブリヂストン、豪で廃タイヤの鉄道設備開発(05/25)

英鉄鋼商社、豪初の家庭用蓄電池の生産検討(05/25)

豪、英政府検討の衛星システム開発と提携か(05/25)

CBA、中国生保事業を三井住友海上に売却(05/25)

豪銀行、王立委員会に不正行為の開示続々(05/25)

LNG不足で豪ガス価上昇へ=ウッドサイド(05/25)

石炭火電は再生エネに勝てない=水力発電企(05/25)

アクシオナがNSW州に勝訴、軽鉄道建設巡り(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン