ポスコ、トルコの世界最長吊り橋に鋼板供給

完成すれば世界最長となるトルコの吊り橋に、韓国鉄鋼大手ポスコの鋼板が用いられる。ポスコは9日にイスタンブールでトルコ企業と、「1915年チャナッカレ橋」の主塔用に厚板3万5,000トンを供給する内容の協定(MOU)を結んだ。

同事業はトルコ北西のダーダネルス海峡を渡る橋をトルコ共和国建国100周年の2023年に完成させるプロジェクト。主塔間の距離は2,023メートルと吊り橋では世界最長となる。総事業費は29億7,000万米ドル(約3,250億円)で、韓国とトルコの企業連合が昨年受注した。

ポスコは溶接作業を減らし工期を短縮できる広幅材と、溶接が難しい厚物材の溶接システム、鋼板の品質を維持する輸送・保管などを提案し、主塔用の厚板すべてを受注することに成功した。


関連国・地域: 韓国アジア
関連業種: 鉄鋼・金属電力・ガス・水道建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

KCC、外壁タイプの太陽光発電で韓国最大(07/20)

「KANEBO」韓国で発売(07/20)

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

外国企業への支援制度を変更 新産業育成と雇用拡大が狙い(07/20)

「GU」、9月14日蚕室に韓国1号店(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

6月訪日韓国人客6.5%増、大阪地震が影響(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

SK証券、新興ファンドに売却へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン