• 印刷する

ライザップ、来月上旬にも2号店オープン

トレーニングジム運営のライザップ(東京都新宿区)は9日、シンガポールで今月下旬~来月上旬に同国2号店を開業すると発表した。

中心部タンジョン・パガーのクレイグ・ロード沿いに出店する。

ライザップは2014年12月、中心部クラーク・キーの商業施設「セントラル」にシンガポール1号店を出店。現地に根付いたマーケティングを展開して成果を上げてきた。タンジョン・パガー地区は、クラーク・キーと同様にトレーニングジムの潜在ニーズが見込めることから新規出店を決めた。

このほか中国・上海でも5月下旬~6月上旬に同国2号店を出す。

海外ではシンガポールと中国のほか、香港、台湾に出店しており計5店を展開。17年11月に海外の全店舗で黒字化を達成したことを受けて出店を加速する。20年度にはアジアを中心にライザップ関連事業の海外店舗を30店以上に増やす計画だ。


関連国・地域: 中国香港台湾シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、知り合いに招かれ…(03/26)

2月のCPI上昇率0.5% 通信・電力は上昇圧力限定的(03/26)

国民は19年度予算案をおおむね支持、政府調査(03/26)

外国人雇用規制強化、外食の収益に打撃小さく(03/26)

賃金評議会開催へ意見公募、人材開発省(03/26)

宗家源吉兆庵、ジュエルチャンギに国内2号店(03/26)

シンガ企業、ゲアン省で港湾開発など計画(03/26)

チャンギ空港利用者数、2月は4%増(03/26)

シュコダ、シンガポールでの販売好調(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン