ライザップ、来月上旬にも2号店オープン

トレーニングジム運営のライザップ(東京都新宿区)は9日、シンガポールで今月下旬~来月上旬に同国2号店を開業すると発表した。

中心部タンジョン・パガーのクレイグ・ロード沿いに出店する。

ライザップは2014年12月、中心部クラーク・キーの商業施設「セントラル」にシンガポール1号店を出店。現地に根付いたマーケティングを展開して成果を上げてきた。タンジョン・パガー地区は、クラーク・キーと同様にトレーニングジムの潜在ニーズが見込めることから新規出店を決めた。

このほか中国・上海でも5月下旬~6月上旬に同国2号店を出す。

海外ではシンガポールと中国のほか、香港、台湾に出店しており計5店を展開。17年11月に海外の全店舗で黒字化を達成したことを受けて出店を加速する。20年度にはアジアを中心にライザップ関連事業の海外店舗を30店以上に増やす計画だ。


関連国・地域: 中国香港台湾シンガポール日本
関連業種: 商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

TPPを批准、メキシコ・日本に続き3カ国目(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

関貿網路、星企業と貿易ブロックチェーンで提携(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

配車アプリのグラブ、国立大とAI研究所開所(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

STエンジ、自動運転車で米ライドOSと提携(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン