激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も

タイの電子商取引(EC)市場で激戦が繰り広げられている。中国のEC最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)が出資する東南アジア最大のECサイト「ラザダ」を筆頭に、過去数年で地場・外資の参入が相次ぐ中、事業撤退を余儀なくされた企業もある。年内には中国系のさらなる…

関連国・地域: 中国タイ日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

世銀が政権発足遅れを懸念 成長予測3.8%、民間投資に影響も(04/26)

レムチャバン港入札、NPCが資格審査落ち(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

タイ・ラオス鉄道、一帯一路会議で協力覚書(04/26)

航空関連13事業、PPP方式で実行へ(04/26)

3月の6空港利用者、1%増の1295万人(04/26)

荷揚げ機キトー、子会社設立へ(04/26)

学生靴SCS、事業多角化を推進(04/26)

発電Bグリム、中韓企業と協業推進(04/26)

発電公団、原子力技研と核融合装置を開発(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン