• 印刷する

《安全》狂犬病の死者、1~4月は18人

ベトナム保健省予防医薬局は、1~4月に国内で少なくとも18人が狂犬病で死亡したと明らかにした。死者の大半は地方の居住者という。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が7日に伝えた。

北部ラオカイ省の疫病管理センターは先月、バオタン郡で狂犬病の流行を宣言。以来、1,000人余りが狂犬病の予防接種を受けた。しかし先週、30歳の男性、6歳と9歳の子どもが、狂犬病を発症した犬にかまれて死亡した。

国内では、年初から狂犬病ワクチンが不足しているとのうわさが流れているが、ベトナム医薬品管理局は、十分なワクチンを確保していると説明。狂犬病の感染は例年5~8月にピークを迎えるとし、予防接種を受けるよう呼び掛けている。狂犬病は発症すると、ほぼ100%死亡するとされている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

Thacoが輸出拡大、タイに起亜80台輸出(07/14)

トヨタ1~6月の販売、32%減の2.6万台(07/14)

南北高速道の事業者選定、新たな基準追加へ(07/14)

港湾貨物取扱量、1~6月は7%の伸び(07/14)

ホーチミン市の交通インフラ、実行率は16%(07/14)

農水産物の競争力向上、物流コスト削減が鍵(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン