《安全》狂犬病の死者、1~4月は18人

ベトナム保健省予防医薬局は、1~4月に国内で少なくとも18人が狂犬病で死亡したと明らかにした。死者の大半は地方の居住者という。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が7日に伝えた。

北部ラオカイ省の疫病管理センターは先月、バオタン郡で狂犬病の流行を宣言。以来、1,000人余りが狂犬病の予防接種を受けた。しかし先週、30歳の男性、6歳と9歳の子どもが、狂犬病を発症した犬にかまれて死亡した。

国内では、年初から狂犬病ワクチンが不足しているとのうわさが流れているが、ベトナム医薬品管理局は、十分なワクチンを確保していると説明。狂犬病の感染は例年5~8月にピークを迎えるとし、予防接種を受けるよう呼び掛けている。狂犬病は発症すると、ほぼ100%死亡するとされている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

不動産融資、銀行が慎重姿勢 高級物件の供給過剰に懸念強まる(05/22)

飲食店の購買管理サイト、日系企業が開発(05/22)

港に滞留のBMW600台、ドイツに再輸出(05/22)

韓国カムシス、ベトナムで超小型EV生産へ(05/22)

グラブのウーバー買収、競争当局が正式調査(05/22)

ダナン市、2カ所にアンダーパス建設案(05/22)

THグループ、小麦胚芽の発酵飲料発売(05/22)

製紙NTPM、5千万リンギで生産増強(05/22)

ビール市場、成長続くも参入は困難(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン