• 印刷する

《安全》狂犬病の死者、1~4月は18人

ベトナム保健省予防医薬局は、1~4月に国内で少なくとも18人が狂犬病で死亡したと明らかにした。死者の大半は地方の居住者という。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が7日に伝えた。

北部ラオカイ省の疫病管理センターは先月、バオタン郡で狂犬病の流行を宣言。以来、1,000人余りが狂犬病の予防接種を受けた。しかし先週、30歳の男性、6歳と9歳の子どもが、狂犬病を発症した犬にかまれて死亡した。

国内では、年初から狂犬病ワクチンが不足しているとのうわさが流れているが、ベトナム医薬品管理局は、十分なワクチンを確保していると説明。狂犬病の感染は例年5~8月にピークを迎えるとし、予防接種を受けるよう呼び掛けている。狂犬病は発症すると、ほぼ100%死亡するとされている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

若年の失業率、7%に近づく 大卒の就職難続き強まる海外志向(10/23)

19年成長目標は6.6~6.8%=首相(10/23)

1~9月の交通事故1.3万件、死者6千人超(10/23)

韓国企業がビメコと提携、スマート都市で(10/23)

ニントゥアン省、風力発電所4カ所完工へ(10/23)

米カーギル、12カ所目の家畜飼料工場が完成(10/23)

韓国CJ、7万トン規模の飼料工場完成(10/23)

食塩に栄養添加の政令9号、緩和へ動き(10/23)

ビタデイリー、ビンズオン省で第2工場完成(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン