• 印刷する

PLDTの独ロケット保有株、2%に低下

フィリピンの通信最大手PLDTは7日、ドイツのインターネット支援企業ロケット・インターネットの株式売却を完了したと発表した。出資比率は6.1%から2.0%に低下した。

フィリピン証券取引所(PSE)への報告によると、子会社PLDTオンライン・インベストメンツを通じて保有していたロケット株680万株を、同社に売却した。売却価格は1株24ユーロ(約3,100円)で、計1億6,320万ユーロだった。

ロケットは、ベンチャー企業への投資と育成を手掛け、現在はアジア太平洋地域の13社に出資。オンライン自動車売買のカームディーや、不動産サイトのラムディなどが含まれる。


関連国・地域: フィリピン欧州
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(12:46)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン