• 印刷する

日本無線、フーコック空港に電波システム

日本無線(東京都中野区)は南部キエンザン省フーコック国際空港に、日本政府の支援でマルチラテレーションシステム(空港の航空機の位置を特定できるレーダーシステム)を提供する。

ハノイを訪れた坂井学総務副大臣の立ち合いの下、ベトナム航空交通管理総公社(VATM)との間でフーコック国際空港での実証実験実施について合意文書の署名式がこのほど行われた。

ベトナムの空港ではレーダーシステムの普及は進んでおらず、管制官が肉眼で航空管制を行っている空港も多いとされる。総務省は、日本の電波システムの海外展開を国土交通省と連携して後押しする。

総務省によれば、坂井副大臣はチュオン・ミン・トゥアン情報通信相と会談し、両国間の情報通信技術(ICT)共同作業部会について協力関係の継続で一致した。また電波や郵便分野、放送コンテンツの共同制作についても協力関係の継続・強化を確認した。

副大臣はベトナム訪問後、ミャンマーにも訪れ、同国政府と郵便分野における協力に関する覚書を締結した。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(20:37)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

日本の対越投資、4位に後退 19年は件数増も製造は前年割れ(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

ダイビル、オーストラリアで営業開始(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

ベトナム国内の感染者、16人全員が治癒(02/27)

航空2社がチケット大幅割引、需要発掘へ(02/27)

太陽光発電のFIT価格、いまだ決まらず(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン