• 印刷する

日産の新車販売、4月は18.9%増の12.5万台

日産自動車の中国法人、日産(中国)投資は4日、中国における4月の新車販売台数が前年同月比18.9%増の12万5,219台だったと発表した。このうち、東風日産乗用車(東風日産)と東風啓辰汽車(東風ヴェヌーシア)の合計が19.7%増の10万3,130台を占めた。

車種別ではセダン「シルフィ(軒逸)」が33.9%増の3万6,471台、スポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル(奇駿)」が32.9%増の1万5,576台、セダン「ティアナ(天籟)」が1.3%増の9,856台、SUV「ムラーノ(楼蘭)」が40.1%増の2,584台と好調だった。SUV「キャシュカイ(逍客)」は7.7%減の1万2,473台と販売台数を減らした。4月12日に発売した新SUV「テラ(途達)」は2週間で約1,600台を受注した。

商用車事業は、東風汽車股フンと鄭州日産汽車の合計が18.2%増の1万8,583台だった。

1~4月の累計販売台数は、全体で前年同期比9.9%増の46万1,350台。このうち、東風日産と東風ヴェヌーシアの合計は10.2%増の38万6,217台、商用車事業は13.3%増の6万3,257台だった。東風日産と東風ヴェヌーシアはそれぞれ、4月単月と1~4月累計の販売がいずれも過去最高を更新した。

日産(中国)投資は、今年の中国販売目標を160万台に設定している。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都モールの感染者情報は虚偽=当局発表(02/28)

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…(02/28)

新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響(02/28)

労働力のシェアリングが拡大 異業種間で需給調整、政府も支援(02/28)

累計96人、新たに3人(27日正午)(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

中小企業33%が再開、1日1Pペースで上昇(02/28)

豪首相「パンデミックに備えよ」 中国からの入国制限延長(02/28)

武漢での抑え込み継続、党の最高指導部会議(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン