• 印刷する

ASEANプラス3、今年は5.4%成長

東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓の3カ国(ASEANプラス3)の経済を調査・監視する国際機関「ASEANプラス3マクロ経済調査事務局(AMRO、本部シンガポール)」は3日、マニラ首都圏で同日に開幕したアジア開発銀行(ADB)年次総会の催しの一環として、2018年版「ASEAN+3地域経済見通し(AREO)」を発表した。香港を加えた同地域の今年の国内総生産(GDP)成長率は、5.4%と予測する。

AMROは、ASEAN10カ国と日本、中国、香港、韓国の経済や財政の安定性を分析。各国・地域の内需が底堅いほか、外需も伸びており、インフレ率も落ち着いていることを背景に、「ASEAN+3地域の経済成長率は5%台半ばの水準で安定的に推移する」との見通しを示した。

AMROの許和意チーフエコノミスト。アジア経済の展望を語った=3日、首都圏パシッグ市(NNA撮影)

AMROの許和意チーフエコノミスト。アジア経済の展望を語った=3日、首都圏パシッグ市(NNA撮影)

18年のGDP成長率は、ミャンマーが7.0%で最高、フィリピンがラオス、カンボジアとともに6.8%で続くと予測した。

来年は、地域全体が5.2%に鈍化するが、堅調な伸びが続くとみる。国別では、ミャンマーが7.4%で最高、ラオス(7.1%)、フィリピン(6.9%)、カンボジア(6.8%)、ベトナム(6.6%)、中国(6.4%)と続く。日本は、18年が1.3%、19年が0.7%と予測した。

AMROの許和意(コー・ホー・イー)チーフエコノミストは「内需と輸出の拡大に支えられ、アジア経済の拡大が続く」と語った。ただ、米国と中国の貿易摩擦である「貿易戦争」の影響と保護主義の台頭、世界的な金融引き締めの動きが予想を上回るペースで進んでいることをリスクに挙げ、「各国は金融安定性を重視していくべき」との見解を示した。

一方、ADBの中尾総裁は同日の会見で、「(貿易戦争が)アジアへの投資に大きな影響を与えていない」と語った。懸念事項ではあるものの、長期的なアジアの成長を妨げる要因にはならないとの見方を示した。


関連国・地域: フィリピンアジアASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インスタグラムの検索機…(04/19)

ニッケルの世界需要拡大 EV普及や中国向け、比に商機(04/19)

ニッケル大手2社、20年通期は大幅増益(04/19)

家政婦の入境に支障も、労働局長が注意喚起(04/19)

新型コロナ、新たに1万98人感染(04/19)

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/19)

変異ウイルス、新たに642人の感染確認(04/19)

企業優遇法の細則、来月17日までに策定(04/19)

低炭素社会へ排出75%削減、政府目標(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン