• 印刷する

外食QSR、11月までに再上場視野

マレーシアで外食チェーンを展開するQSRブランズは、今年11月までに再上場する方向で検討している。新規株式公開(IPO)で、推定20億リンギ(約557億円)を調達する計画だ。3日付スターが伝えた。

QSRブランズに51.86%を出資するジョホール州政府系投資会社ジョホール・コープ(Jコープ)のカマルザマン・アブ・カシム社長兼最高経営責任者(CEO)は、IPOを実施する時期のQSRの時価総額を約60億リンギと推測した上で、「詳細は未定だが、IPOで20億リンギ相当を調達したい」との考えを示した。

QSRの2017年12月期売上高は前年比7.5%増の45億6,000万リンギ。マレーシアでケンタッキー・フライドチキン(KFC)やピザハットをチェーン展開するほか、養鶏事業も運営している。出資企業はJコープのほか、公的年金に当たる従業員積立基金(EPF)と欧州系投資会社のCVCキャピタル・パートナーズ(CVC)。QSRは、13年に株式非公開化に踏み切り、上場廃止となっている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料金融

その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売、上位は急回復 首位プロドゥアは単月で今年最多(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(6日)(08/07)

外国人労働者数把握で特別委、首相指示(08/07)

外国人の不法滞在、反則金徴収へ(08/07)

リサイクル率、25年までに40%目標(08/07)

東海岸をラテックス生産地帯に、ゴム委計画(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン