• 印刷する

日印がエネ分野で協力強化、新プラン構築

第9回日印エネルギー対話の共同声明に署名した世耕経産相(左)とシン閣外相=1日、ニューデリー(NNA撮影)

第9回日印エネルギー対話の共同声明に署名した世耕経産相(左)とシン閣外相=1日、ニューデリー(NNA撮影)

日本とインド両政府は1日、「第9回日印エネルギー対話」の会合をインドの首都ニューデリーで開催した。世耕弘成経済産業相とシン閣外相(電力・再生可能エネルギー担当)が共同で議長を務め、両国間のエネルギー協力をさらに強化することで合意。クリーンで経済的なエネルギーの普及拡大を目指す「日印エネルギー転換協力プラン」を立ち上げた。

電力・再生可能エネルギー、省エネルギー、石炭火力発電所、石油・天然ガス、水素の5分野を柱とする新プランを構築した。従来の協力プランを拡大する内容で、対象分野に新たに水素を加えたほか、電気自動車(EV)普及のための議論を進める。

世耕氏とシン氏は、新プランを盛り込んだ共同声明に署名。世耕氏は会合後の閣僚級セッションで、「長期的な視野で脱炭素化に向け協力する」と述べ、現地のニーズに応じた支援を行っていく考えを示した。

世耕氏は同日、プラブ商工相と、両国のスタートアップ企業の連携や投資促進を目指す「日印スタートアップ・イニシアチブ」の共同声明にも署名した。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューデリーの街角で、…(02/20)

対日輸出、18年は微増止まり 相対的な地位低下を危ぶむ声も(02/20)

田中精密工業、インド子会社を解散へ(02/20)

マルチスズキ、材料データべースの利用開始(02/20)

MGモーター、2年でSUV4モデル投入へ(02/20)

タタ自、20年に個人向けEVを発売(02/20)

アショク、中型トラックなど3モデル発表(02/20)

サウス32、ケンブラ港で労組ロックアウト(02/20)

二輪ロイヤル、ストによる生産逸失3千台超(02/20)

ヨックモック、卵不使用クッキーを開発へ(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン