• 印刷する

豪小企業の賃金上昇率、国内全体の約3倍

オーストラリアの小規模企業の、2017年の賃金上昇率が5.3%となったことが、オンライン会計ソフトウエア企業ゼロ(Xero)の調べで明らかになった。豪政府統計局(ABS)による国内企業全体の賃金上昇率である2.1%の約3倍となっている。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(電子版)が4月30日、報じた。

ゼロは国内小規模企業50万社を対象に調査を行った。業界別で最も賃金上昇率が高かったのは不動産サービスで7%だったほか、金融・保険サービスが6.6%などと高水準だった。一方、最低水準だったのは鉱業の2.7%、専門サービスの2.6%などだった。

ゼロによれば、鉱業は賃金上昇率は低水準だが、性差の均衡化で他業界をけん引している。鉱業各社の女性の賃金上昇率は中央値が14%と、男性の4倍以上だったという。ただし、実際の賃金には依然として格差があるとしている。

また、ゼロの顧客企業の、取引先企業からの期限30日間の支払い待機期間は平均34.2日と、過去3年間で最も短くなった。ターンブル政権は昨年、公共契約先の中小企業への支払期間を30日から20日に短縮することを決めたが、これが奏功してゼロの顧客企業のキャッシュフローに貢献しているようだ。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人と週末に…(09/20)

海外税当局、「徴収共助」強化 在豪NZの日本人に脅威も(09/20)

国税局の満足度が低下、中小企の不満などで(09/20)

製薬企、豪で13~15年に年間2億$課税逃れ(09/20)

米中貿易摩擦、豪経済に脅威=RBA(09/20)

通信TPG、合併無理でも5G入札意向(09/20)

保険IAG、自動車ディーラーに奨励金(09/20)

サントスのガス開発、NSW政府の懸念残る(09/20)

賃金上昇率の低迷、IT導入の不均衡も影響(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン