テイクオフ:陸路で時間をかけて旅を…

陸路で時間をかけて旅をするのが好きだ。とりわけ、バスターミナルやパーキングエリアでその土地の屋台を比べてみるのが楽しかったりする。

パンパンガ州からマニラに戻る際、アンヘレス近郊のバスターミナルを利用した。所狭しと並ぶ屋台には、豚の皮を揚げたスナック「チチャロン」や、魚のすり身でできたフィッシュボール、大量の串焼きと、フィリピンの名物が並ぶ。ただひとつ、どうしても避けたいものがあった。バロットだ。

バロットはふ化しかけのアヒルの卵をゆでたもの。東南アジアではおなじみの所もあるかもしれない。これを食べずしてフィリピンを語れない、とフィリピン人の友人。恐る恐る生温かい殻をむくと、うっすらと羽とくちばしが見えた。半泣きになりながら覚悟して一口。一気に広がる生臭さ。傍らではしゃぐ友人はというと、決して口にすることはなかった。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

小口保険料収入、1Qは23%増の18億ペソ(06/22)

デジタル競争力ランキング、比は56位に転落(06/22)

ダブルドラゴン、イロイロの賃貸工場を着工(06/22)

現マニラ空港は閉鎖も視野に トゥガデ運輸相、民間空港稼働後(06/22)

インフラ2案件の円借款通達、総額425億円(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(06/22)

PEZAの認可額、1~4月は59%減(06/22)

地場商銀、日本で新技術の送金サービス提供(06/22)

資金洗浄防止、カジノと仮想通貨の監視強化(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン