18年成長率は2.5%超える見通し、金融庁

中央銀行に当たるシンガポール金融管理庁(MAS)は27日発表した最新のマクロ経済報告で、2018年の経済成長率が2.5%を超えるとの見方を改めて示した。米中間の貿易摩擦が下振れリスクとなるものの、国内の経済成長は引き続き堅調に推移するとして、通年の成長率は「(政府見通し…

関連国・地域: 中国シンガポール米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

機械用のフィットビット提供 地場オーク、産業用IoTを展開(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

タダノ、海外向け部品供給センター設立(10/19)

車両購入権の割り当て、11~1月は9%増(10/19)

政府、セントーサ島とブラニ島を再開発へ(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

スターハブ、プリペイド携帯で通話かけ放題に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン