• 印刷する

《知財》知財権侵害の罰則強化、法案提出へ

フィリピンの知的財産局(IPO)は、知的財産権侵害の罰則強化を検討している。商標権侵害、偽造品販売の罰金、刑期を2倍に引き上げる方針で、5月の国会再開に合わせて改正法案を議会に提出する。27日付ビジネスワールドなどが伝えた。

1997年に施行された知的財産法(共和国法第8293号)が定める罰則は、商標権侵害が罰金5万~150万ペソ(約10万~315万円)および1~9年の禁錮刑、偽造品販売が同5万~20万ペソ、2~5年となっている。

IPOのサンティアゴ局長によると、同局がまとめた草案では罰則を現行の2倍にする。偽造医薬品の販売については、健康に関わる問題であることを考慮し、さらに厳しい罰則を設ける方針だ。

電子商取引(EC)を通じた偽造品販売に関しても、影響が及ぶ範囲が広いことから、罰則を厳しくする考え。ただ、サンティアゴ局長は、議会を通過するのは難しく、削除されるとの見方を示した。IPOは諮問作業を経て、2週間以内に最終の改正案をまとめる予定だ。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:糖尿病で数年前に右足の…(10/23)

業者向け美容品展示会を開催 約150ブランド、市場拡大に期待(10/23)

PEZA、優遇税率「7%」で妥協目指す(10/23)

首都圏の最賃、労組が日額700円上げ要求(10/23)

22日為替:$1=53.790ペソ(↓)(10/23)

グーグルが比に初の支援センター開設へ(10/23)

米ITコンサル、マニラ2カ所目の拠点開設(10/23)

カビテ貨物ターミナル、11月5日本格開業(10/23)

SMプライム、1~9月は17%増益(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン