• 印刷する

日韓への鉄鉱石輸出、期限を5年延長

インド政府は25日、日本と韓国への鉄鋼石の輸出を2023年3月末まで延長することを閣議承認した。金属鉱物貿易公社(MMTC)を通じて、日本の複数の製鉄所に年間300万~430万トン、韓国の鉄鋼大手ポスコに同80万~120万トンをそれぞれ輸出する。

現行の契約期間が18年3月末で切れたため、同4月1日から新たな内容で結び直した。MMTCは1963年から日本の複数の製鉄所に、73年からポスコに対して鉄鉱石を輸出している。インドにとって、両国への鉄鉱石の輸出は重要な外貨獲得手段の一つとなっている。


関連国・地域: 韓国インド日本
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

パーム油の輸入制限で波紋 リスク懸念でマレーシア産回避(01/17)

貿易収支、12月は113億米ドルの赤字(01/17)

アウディ、今年はガソリン車のみ販売(01/17)

アウディ中古車部門、19年の販売数は3割増(01/17)

ヒマチャルに新空港、航空局と州政府が覚書(01/17)

高速道路22本、25年までに開通=道路相(01/17)

ビスタラがデリー―カトマンズ便、来月から(01/17)

マースク、中東への農産品低温輸送に成功(01/17)

アマゾンCEO、印に10億ドルの投資表明(01/17)

マヒンドラ社長が訪韓、双竜への投資確定か(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン