• 印刷する

1Q成長率1.1%、輸出と設備投資が好調

韓国銀行(中央銀行)は26日、2018年1~3月期の韓国の実質国内総生産(GDP)伸び率が前期比1.1%だったと発表した。前年同期比では2.8%成長した。世界経済の回復基調を背景に輸出が好調で、2018年の成長率は3%を超える見通しが高まった。

項目別にみると、民間消費は耐久財を中心に前期比0.7%増加した。政府歳出は2.5%、建設投資は2.8%、それぞれ増加。設備投資は機械類や運送設備が増え、5.2%増と大きく伸びた。輸出は半導体や化学製品、機械類が増え4.4%伸びた。輸入は天然ガスを中心に5.5%増加した。

経済活動別の増加率は製造業が1.9%、建設業が3.3%、サービス業が0.9%だった。電気・ガス・水道事業は電気業が振るわず5.5%のマイナス成長となった。

今年の成長率が3%台に達した場合、2年連続のプラス成長となる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3月から夏にかけては、…(03/21)

現代自がインド開拓を加速 現地配車大手に335億円投資(03/21)

LG系列社を不当内部取引で調査、公取委(03/21)

20年間で賃金154%上昇も、生産性は低く(03/21)

韓国ロジスバレー、北部に物流センター開設(03/21)

SKT、5G活用した野球中継を開始(03/21)

LGイノ、3Dセンサーと車載部品に注力(03/21)

車部品の万都、印マヒンドラにADAS供給(03/21)

航空機部品製造、相次ぐ越進出(03/21)

新興市場向けモデル生産か、ルノーサムスン(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン