日本カーバイド、インド工場を減損処理

日本カーバイドは25日、インド完全子会社が保有する一部固定資産を減損処理すると発表した。2018年3月期の連結決算で、3億6,600万円の特別損失を計上する。インドでは北部ハリヤナ州ロータクで13年から二輪車向けステッカーの工場を操業しているが、業績不振が続いていた。 単体…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車金融・保険運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

テイクオフ:2014年、初めて足を…(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

「外国販売を強化したい」 パキスタンのマリービール(07/19)

近鉄エクスプレス、グルガオンに倉庫開設(07/19)

フォード、インド販売が累計100万台に到達(07/19)

道路省、中央自動車規則の改正案を公表(07/19)

インド二輪ロイヤル、特別限定モデル発売(07/19)

商用車アショク、第1四半期は純利益3倍(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン