日本カーバイド、インド工場を減損処理

日本カーバイドは25日、インド完全子会社が保有する一部固定資産を減損処理すると発表した。2018年3月期の連結決算で、3億6,600万円の特別損失を計上する。インドでは北部ハリヤナ州ロータクで13年から二輪車向けステッカーの工場を操業しているが、業績不振が続いていた。 単体…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸


その他記事

すべての文頭を開く

車部品の万都、印マヒンドラにADAS供給(15:25)

テイクオフ:インド最南端の町カニャ…(03/20)

アフリカで3国間協力を加速 インド工業連、日本など5カ国と(03/20)

パナ、地場配電とEV充電施設を設置(03/20)

現代自と起亜自、配車オラに3億ドル出資(03/20)

【アジア自動車データ集】二輪販売(359)(03/20)

二輪各社、5月まで生産台数を削減見通し(03/20)

車部品ヴァレオ、チェンナイに新R&D施設(03/20)

日立建機、東部工場で太陽光発電の利用開始(03/20)

英ゴーゼロ、電動自転車の販売を開始(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン