テイクオフ:昨年度(2017年4月…

昨年度(2017年4月~18年3月)に過去最高となる414万台の販売を記録した当地の新車市場。暦年との比較にはなるが、市場別でドイツを抜いて世界4位に浮上し、東南アジア主要6カ国の合計も上回る規模となっている。

ただインド国外から見ると、まずはタタ・モーターズ、そして低価格車が中心の市場という印象を抱く人がまだ多いのではないだろうか。実際には、マルチ・スズキの大きなプレゼンスを目の当たりにし、日系のほか、韓国メーカーや欧州車も存在感を放つ。小型車は確かに多いが、スポーツタイプ多目的車(SUV)人気も高まっており、車種の多様化が進行していると実感する。

何より興味深いのは各車のデザイン。他国では未投入のモデルも多く、地場勢のテイストは独特だ。時折遭遇する大型トラクターも含め、車窓を過ぎ去る車両に目をやると、渋滞時のストレスがいくらか軽減される。(中)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン